【アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード】最高のステータスを持つゴールドカードの特徴を知ろう

【アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード】最高のステータスを持つゴールドカードの特徴を知ろう

年会費29,000円(税別)のアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、申込制のカードとしてはトップクラスのスペックです。

とはいえ、実際に値段に見合うだけのものか、自分に合うものかは特徴を見て確かめたいですね。

1.プライオリティパスが無料で使える

ゴールドカードでは一般に国内主要空港のラウンジが使えますが、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでは「プライオリティパス」が無料で使えて、世界850箇所以上の空港ラウンジでくつろげます。

パスはラウンジ利用ごとに27米ドルがかかるスタンダードタイプ。

しかしこのクレジットカードなら年2回まではラウンジ利用が無料です。

家族カード会員もそれぞれパスを無料で持てるしくみです。

もちろん国内主要空港ラウンジも利用ができて、かつホノルルと仁川のラウンジも利用可能です。

2.限度枠の上限に一律の決まりがない

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでは、カード利用限度枠に一律の決まりがありません。

実際のところは会員ごとに目安額が設定されるのですが、事前の電話などによって、目安を若干上回る買い物も可能です。

一般的なクレジットカードでは「最大300万円」となっているなら301万円の決済は不可能ですが、アメリカンエキスプレス社は柔軟です。

またデポジットシステムを採用していて、こちらは事前にアメリカンエキスプレス社に入金して高額な買い物もできるとするもの。

ちょっとデビットカードのようなシステムです。

3.家族カードは、1名までなら無料で維持できる

家族カードは本来12,000円(税別)の年会費ですが、2名までなら無料です。

夫婦や親子など2名での利用では実質一万円台でアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのサービスを楽しめます。

4.ダイニング

国内を中心に200以上のレストランで大きな優待があります。

所定のコース料理を2名以上で予約すると1名分が無料になる、というものです。

「ゴールドダイニングby招待日和」なるサービスで、カードを介さず入会すると3万円に相当するものです。

さらに世界では、各国400以上のレストランで有利な「TASTE FROM AMERICAN EXPRESS INVITES レストラン優待」が用意されます。

具体的には20%OFF~というものになります。

5.力強いけれど、ちょっと変わった旅行保険

国内旅行保険は、利用付帯です。

カードを利用しないと全く適用されません。

一方で海外旅行保険はカードを使うと最大1億円、カード利用なし(自動付帯)だと最大5,000万円です。

疾病傷害治療など実際的な項目についても利用付帯300万円→自動付帯200万円などそれほど大きくダウンしないので、自動付帯と考えても十分心強いものです。

また家族特約も付いていて、海外旅行ではカード利用時はもとより、カード利用なしでも家族(カードを持たない)までが補償範囲になります。

海外旅行では、乗継遅延、出航遅延、欠航、搭乗不能、手荷物遅延、手荷物紛失に関しても補償されます。

6.空港でラクできるサービス

羽田空港(国際線利用のみ)、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港を対象として、手荷物無料宅配サービス(往復)と、エアポート送迎サービスを展開しています。

エアポート送迎では、割引料金にて自宅と空港間のタクシー送迎となります。

このあたりは、他のゴールドカードと比べてもさらにラクができるしくみですね。

疲れの軽減、手間や時間の節約に便利です。

国内線利用時の食事クーポン(羽田伊丹)、ポーターサービス(成田第1第2ターミナル関西国際)、クロークサービス(中部国際)も設けられます。

7.キャンセル保険

「キャンセルプロテクション」がつくのがアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード。

こちらは、病気や怪我など仕方のない理由でイベントや旅行に欠席するとき、そのキャンセル費用が補償されるというしくみです。

「怪我をしてしまって、楽しみにしていたイベントにいけない。

しかもキャンセル料まで…」そんな落ち込みがちなシチュエーションでも心強いです。

一般のゴールドカードでは見られないサービスです。

8.トラベル

予約サイトのExpediaで8%、ホテリスタ(アップルワールド.com)では5%の優待となります。

「オーバーシーズアシスト」というサービスでは、世界各国から日本語で各種相談ができて、食事など気軽な話から緊急手配までが可能です。

また海外70のゴルフリゾートを優待価格で利用できる「プリファードゴルフ」も用意されていて、こちらは本来295米ドルのサービスです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードはプラチナに似たゴールドカード

やはり、各サービスについて一般的なゴールドカードよりワンランク上といえるのがアメリカンエキスプレスのゴールドカードです。

年会費からしても1万円クラスのゴールドカードの約3倍なので、価格相応とも言えます。

もっとも、かなり大きな優待が用意されていますから、それらを有効活用できるならコストパフォーマンスはとても良くなります。

一律の制限を設けていない利用枠に関しては、使い放題といったことではなくて、柔軟性があるという見方が適切でしょう。

プライオリティパスのサービスがあるあたりも、ゴールドというよりはプラチナに近いカードです。

しかし「申込制」ですので気軽に楽しめる一面も持っています。

米国でもほぼ同じ券面でリリースされていて、世界的に高い知名度も持ちます。

搭載国際ブランドにアメリカンエキスプレスしか選べないのは致し方ないところで、これに関しては他際ブランドのクレジットカードと組み合わせるのが良い方法ですね。

【アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード】最高のステータスを持つゴールドカードの特徴を知ろうに関連するゴールドカード比較情報