ゴールドカードのラウンジはしょぼい?航空会社ラウンジとの違いと使い方

ゴールドカードのラウンジはしょぼい?航空会社ラウンジとの違いと使い方

ゴールドカードの大きなメリットとして空港でのラウンジがありますよね。

一般人は入れない空間にゆうゆうと入る姿はちょっと嬉しい瞬間です。

けれど、実際使ってみたら意外としょぼかったと思った方もいるのではないでしょうか。

それもそのはず。空港におけるラウンジは二種類あります。

カード会社用ラウンジと航空会社ラウンジです。

そしてカード会社が用意しているラウンジは総じてそこまでしっかりしている空間ではありません。

空港によりますが、中には会議室に毛が生えただけのような場所もあります。

もちろん飛行機を待つためにカフェやベンチを探すという手間が省けますし、普通の人が入れないという優越感はあります。

そのため、それで十分OKという方もいるかと思いますが、違いを知っておくことも大切だったりしますよね。

そこで今回はカード会社のラウンジと航空会社のラウンジの違いと、カード会社ラウンジの使い方についてご紹介します。


カード用ラウンジの使い方

まずは、カード用ラウンジの使い方についてご紹介します。

このように基本的には、ラウンジの入り口でゴールドカードと当日の搭乗券を見せることで入場することができます。

もし対象のゴールドカードを持っているのに入場を拒否されてしまった場合は、航空会社用のラウンジに入ろうとしてしまったのかもしれません。

カード会社用のラウンジと航空会社用のラウンジは別の場所にあるため、どちらに自分が入ろうとしていたのかを改めて確認してみましょう。

カード会社用のラウンジと航空会社用のラウンジの違いとは

では、カード会社用のラウンジと航空会社用のラウンジの違いとはなんでしょうか。
基本的には下記の様な違いがあります。

つまり、航空会社用ラウンジは、搭乗券や航空会社のメンバーの上級クラスでないと入れないラウンジとなります。

空港によってその内容は異なりますが、一般的に航空会社用のラウンジの方が豪華な作りとなっています。

やはり、カード用ラウンジと航空会社用ラウンジとでは結構違います

こうした内観の豪華さの違い以外にも航空会社用ラウンジだと下記の様な違いがあります。

これだけ差があると、航空会社用のラウンジが気になってしまいますよね。

航空会社用のラウンジを使うには

航空会社用のラウンジを使うには、様々な方法があります。

羽田空港におけるJALのダイヤモンドプレミアムラウンジを例にとると下記の人が対象となります。

つまり、ファーストクラスの搭乗券を持つか、JALのプレミア以上の会員となっている必要があります。

ファーストクラスとなると、かなりハードルが高いところですよね。

では、JMBダイヤモンド、JGCプレミアはどうなのでしょうか。

JMBダイヤモンド、JGCプレミア会員の条件


まずJMBダイヤモンド会員の条件は以下の様になっています。

そしてJGCプレミアの条件は下記になります。

やはり結構ハードルが高いですよね。

ちなみに羽田から那覇間を普通運賃・普通席で行くと2,368ポイントになります。
ですので、羽田から那覇間を1年で17往復するとJGCプレミア会員になることができます。

もちろんファーストクラスなどを使うともっと貯まるので回数少なく貯めることもできますが、
1ヶ月に1回以上羽田から那覇まで行かないととれないカードという計算になります。

ちょっとハードル的にはかなり高いので、やはりゴールドカードでカード用ラウンジに入った方がコストパフォーマンスの点では優れている様です。

ゴールドカードを使いつつ、いつかお金が貯まってファーストクラスを利用できるようになったら航空会社様のラウンジを使うというのも目標ができて良いのかもしれませんね。

ゴールドカードのラウンジはしょぼい?航空会社ラウンジとの違いと使い方に関連するゴールドカード比較情報