ゴールドカードの限度額ランキング!限度額の上限がないゴールドカードもある

ゴールドカードの限度額ランキング!限度額の上限がないゴールドカードもある

ゴールドカードの魅力の1つは限度額が通常よりも高いことですよね。

限度額が高いと、急に額が大きい買い物をする時にも焦らず購入することができます。

恋人が何か欲しいとおねだりをしてきた時にも、スマートに会計ができるのはやはり良いものですよね。

ですから、せっかくゴールドカードをゲットしようと考えているのであれば限度額が高いものにしておくのがオススメです。

そこでここでは、限度額が高いゴールドカードを順にランキングでご紹介します。



ダイナースクラブカード:限度額上限なし


ダイナースクラブカードは一律の限度額上限がありません。

収入や使用状況などに応じて設定されます。

ですので、高年収で使用状況も高額を安定して支払いしていると、限度額はどんどん上がっていきます。

逆に、そこまで利用しないという場合には限度額がそこまで上がらないということも
あるので、自分の使用状況に応じて検討すると良いでしょう。

また、入会条件が27歳以上で年会費も22,000円かかるためかなり上級者向けのクレジットカードとも言えます。



アメックスゴールドカード:限度額上限なし


アメックスゴールドカードも基本的に限度額の上限はありません。

ダイナースクラブカードと同様に個別にこれまでの支払い実績などを考慮して限度額が決まります。

通常は初月が上限100万円で、それ以降は実績によって上下していきます。

ダイナースとアメックスはやはり両者ともにステータスとなるカードですので、VIPと呼ばれる方たちの利用が多いためこのようになっているのではと考えられます。

そうした背景もありアメックスゴールドカードは年会費も高額で29,000円(税抜き)と高額になっています。

しかしせっかくのゴールドカードですからステータスがあり、限度額の上限もないという魅力を考えると1枚持っておくと役に立つカードとも言えます。



楽天ゴールドカード:最高200万円

楽天が出しているゴールドカードです。

こちらは限度額の最高が200万円となっています。

同じ楽天が出している楽天カードの場合50万円ですので、通常のクレジットカードの4倍の限度額と言えます。

やはり4倍もの差は大きいところですよね。

年会費もダイナースやアメックスの10分の1程度の2,160円(税込み)となっているので、初めてゴールドカードを持つという方にオススメの1枚です。



セディナゴールドカード:最高200万円

こちらも楽天ゴールドカードと同様に最高で200万円の上限額となっています。(新規入会時には最高50万円)

スーパー系列との相性が良く、全国にあるセブンイレブン・イトーヨーカドー・イオン・ダイエーの各店舗でセディナゴールドカードによる支払いをすると3倍のわくわくポイントが付与されます。

そのため、上記の様なスーパー・コンビニで良く買い物をするという方にオススメです。

普段の買い物で月200万円を越えることはあまりないですし、ポイントが沢山つくと考えるとかなりお得なゴールドカードと言えそうです。

ゴールドカードの限度額は200万円から上限なしまで

ゴールドカードにも年会費や保証など沢山の違いがあります。

そうした中で大体の目安になりますが、ゴールドカードの限度額は200万円程度と考えると良いでしょう。

そして、ダイナースクラブカードやアメックスゴールドカードなどの持つだけでステータスとなる高級なゴールドカードについては上限がないと覚えておくと、将来お金を沢山持つようになった時に使えそうですね。

ゴールドカードの限度額ランキング!限度額の上限がないゴールドカードもあるに関連するゴールドカード比較情報