【JCBゴールドの特徴】ポイント還元率・年会費・保険などのコスパが良いゴールドカード

【JCBゴールドの特徴】ポイント還元率・年会費・保険などのコスパが良いゴールドカード

JCBゴールドは、まさに日本のゴールドカードの代名詞。

マイナーチェンジを重ねつつ、1982年から発行されています。

JCB社が直接発行するカードの中でもハイグレードな存在感を醸しだすJCBゴールド。

その特徴をご紹介します。

1.初年度年会費が無料

「JCBゴールド」は、初年度年会費が無料です。

以降は10,000円(税別)となります。

このため自分にゴールドがマッチするか試したい人にも向きます。

また家族カードは1名まではずっと無料、2名目以降は1,000円/年です。

2.国内旅行保険+2段構えの海外旅行保険

JCBゴールドの国内旅行保険は自動付帯で、旅行代金についてのカード利用なしでも適用です。

「家族特約」もつきカードを持たない家族にも保険がききます。

海外旅行保険では最大1億円とゴールドでもトップクラス

こちらはカードを旅行に使ったときと自動付帯時で内容が変わります。

しかし自動付帯でも最大5,000万円を補償し、家族特約もききます。

海外旅行保険の「賠償責任」について最大1億円なのは、このクラスのカード(1万円のゴールドカード)では群を抜くものです。

3.航空関係の保険が充実

乗継遅延出航遅延(最大2万円)、寄託手荷物遅延寄託手荷物紛失(最大4万円)について補償します。

「人生の一大アクシデントと言うほどでもないけれど、かなり困る…」そんなときこれらの保険がとても心強いです。

これらはプラチナレベル以上にのみ付けるカード会社も多いです。

この面ではコスパも良いです。

4.ディズニーデザインも選べる。

オシャレ券面

JCBゴールドは「JCB ORIGINAL SERIES」を構成する一つで、同シリーズ券面はすべて服部一成氏によってデザインされています。

和モダン風かつ端正なテイスト。

どんな財布におさめても独特な存在感を示します。

またなんと、ゴールドカードでありながらディズニーデザインが用意されるのも大ポイントです。

さすがTDRのオフィシャルカード「JCB」です。

「ゴールドカードのサービス内容は魅力だけど、違う券面がいい」とするニーズにも応えます。

JCBは日本でただひとつ、国際ブランド事業とカード発行を両方手がけている企業です。

そんな信頼感や伝統を、券面からもいちばん感じられるカードと言えるでしょう。

5.JCBORIGINALSERIESパートナー

スターバックスやセブンイレブンなど身近なお店でポイントがアップします。

スタバなら5倍、セブン-イレブンやイトーヨーカドーでは3倍に。

Amazon.jpで3倍なのもうれしいですね。

他にもBODY SHOP、ABC mart、FASHION WALKER、LLBean、エッソモービルゼネラル、昭和シェル石油、DELL、HPなど広いジャンルでボーナスポイントがたまります。

JCBゴールドは基本のポイント還元が約0.5%。

といっても、3倍なら1.5%です。

最大では10倍以上ともなり、5%還元に相当します。

これらは一般カードを含めた「ORIGINALSERIES」の共通特典ですが、内容はカードごとに異なっていて、ゴールドはより高いポイントがたまります。

6.日本&人気都市で高品質なゴールドサービス

国内主要空港でラウンジが利用できて、ホノルル空港のラウンジも使えます。

また2017年3月末までの限定企画ですが中国の約30の空港ラウンジも利用できるなどJCBの意欲が見て取れます。

手荷物無料宅配サービス(対象.成田国際空港羽田空港(国際線)中部国際空港関西国際空港)も用意されていてラクラクです。

JCBゴールドは、ゴールドカードの基本サービスを押さえた上で「日本国内および人気都市(日本人が出張旅行によくいくところ)」で特に強いです。

この国内加盟店数(使えるお店のこと)は2016年現在でもトップクラスなのがJCBブランドです。

国内のレストランでも優待割引がたくさん。

「グルメ優待サービス」では250以上のレストランで20%OFF~の割引となります。

もちろんJCBカード共通の優待もワイドに楽しめます。

ゴールドの強みと言えば専用デスクでの各種予約や手配、相談ですが、こちらもJCBはとりわけ評判が高いです。

JCBは他社カード会員向けにもJCBプラザなどを開放していますから、各種応対ノウハウが十分。

ゴールド専用デスクでは一層ハイグレードなサービスが受けられます。

7.海外でポイント2倍

JCB直接発行カード共通で、海外でポイントを使うと二倍で、還元率1%になります。

海外旅行はもちろんですが、ネットショッピング(例外あり)でも対象になるのでとてもおトクです。

JCBゴールドのポイント有効期限は3年(一般カードは2年)です。

何しろ年会費もかかりますしポイントをためてトクする使い方に最適なカードとはいえませんが、ゴールドカードの中ではポイントに比較的強いです。

8.JCBゴールドザプレミア

「JCBゴールドザプレミア」は、JCBゴールドを「2年連続で100万円以上」利用していると保有できる招待制カード。

JCBゴールドのエクステンション的位置づけで、招待基準が明かされない他の招待制カードとは異質なサービスです。

世界各国の空港ラウンジを利用したり、ホテルや食事で一層の優待が有ったりといわゆるプラチナレベルのカードです。

こちらのカードはプラス5,000円のサービス年会費が発生しますが、常に100万円使っていると無料。

つまりゴールドの年会費(1万円)のままプラチナレベルのカードが保有できます。

また、20代専用のJCBゴールド「GOLDEXTAGE」(年会費3,000円)を利用していると初回更新で「JCBゴールド」に切り替わります。

毎回申し込み直したりせずに自然なステップアップができるのもJCB直接発行カードの特徴ですね。

JCBゴールドはコスパが良いゴールドカード

ゴールドサービスを網羅し、旅行保険も家族特約などを含めたかなりワイドなものが用意されます。

日本および、日本人がよく利用する海外都市で強い傾向を持ちます。

まさに国産ゴールドの代表格と言ったところで信頼感抜群ですが、ディズニー券面も用意されるなど、おもしろさもゴールドレベル。

あえて記すなら「JCBブランドしか選べない」ところは若干のマイナスポイントですが、成り立ち上こればっかりは仕方がないですし他のカードと複数枚持ちでカバーできます。

初年度年会費無料であることや、家族会員が一名までずっと年会費無料であること、それに「ORIGINAL SERIES」のパートナー、海外ポイント2倍などを上手に活かせばコスパもかなり良いカードとなります。

【JCBゴールドの特徴】ポイント還元率・年会費・保険などのコスパが良いゴールドカードに関連するゴールドカード比較情報